医療費0円-高校3年の3月31日まで

2024年02月23日 掲載


名古屋市では子ども医療費助成制度により高校卒業の3月31日までが医療費ゼロ(無料)です。

  • 2024.03.31までは2005年04月02日生まれ以降の方が対象ですが
  • 2024.04.01からは2006年04月02日生まれ以降の方に対象変更します。
    (日本では同じ年の4月1日生まれと4月2日生まれで学年が変わります)

現在3高校生(2005.04.02~2006.04.01生)の皆さんは、卒業後の2024年3月31日までに治療が終わる様に、受験終了後または、2月頃からの受診・検診をお勧めします。

子ども医療証の見本(A6サイズ:薄黄色)
名古屋市では2021年の1月診療分から、子ども医療費助成の対象が拡大され、
高校3年生の3月31日まで医療費負担がゼロ(無料)となるよう医療費の助成を行っております。
条件は名古屋市内在住の高校3年生の3月31日までが対象で、
厳密には18歳到達の年度末(3月31日)までの通院分医療費が対象となります。

お手元に、黄色い「子ども医療証(券)」がない方は在住の区役所にお問い合わせください。
※ 本医療証は保険証と一緒にご提示ください。
※ 医療証の有効期限満了後は、一般的に3割の治療費自己負担となります。
※ 「ひとり親家庭医療証」を既にお持ちの場合は「子ども医療証」より優先されるため申請はできません。


その他:名古屋市だけでなく愛知県内の他市町村でも18歳年度末までの子ども医療費の助成を強化しています。
最新の詳しい内容はお住いの各市町村役場へお尋ねください。

子ども医療証やその他の医療証の負担金補助について:
発行元の市町村が愛知県内の医療証であれば、愛知県内全ての医療機関において窓口支払時に補助がそのまま適用されます。
※ 県外でご利用の場合は医療機関窓口での直接補助適用はできませんが、
医療明細領収証を発行してもらい、お住いの管轄市区町村役場に事後申請する事により補助額分の医療費(返金)を受けとることが可能です。
詳しくはお住いの市区町村役場にてお問い合わせください。

でか文字サイト
Copyright(c) 2013 Hibino Dental Clinic All Rights Reserved.